コロナ禍の楽しみ

4月に入り木曽でもすでに桜が咲きまさに春爛漫です・・・と、言いたいところですが、コロナ禍2年目を迎え、また違った楽しみ方を見つけるべく、庭づくりに励んでます。イメージは茶庭いわゆる露地ですが、まあ創作茶庭といったところです。

導入
枝折戸を開く
飛び石
苔むした水鉢と様々な甕を配し、その下には那智黒石?を敷き詰めた
かつて親しいお客様から頂いた陶器製の灯籠
ちょいと川石を頂いて・・・自然石ならではの面白さか・・・

こんな感じの庭になってきましたが、枝折戸も本来竹だけで編んでいくものですが、あくまで創作茶庭ー露地、こんなものでいいでしょう。

庭を造っていると手足動かしながら、様々なことを考えています。それ自体が何だか気持ちがいい。こんなコロナ禍の楽しみ方もいいかと考える共に、それだけの年を重ねてきたことを実感しています。

コロナ渦ならではの楽しみ方を見つけること・・・それが今現在を生き抜く上で最も自分にとって大切なことのように思います。まだまだ捨てたもんじゃない!

3件のコメント

  1. お久しぶりです。素敵な庭になったようで、お疲れ様です。今度は是非、安曇の方の庭もお願いします。そのうちにぶらっとお邪魔しようと思っています。

    1. イヤー元気かい!?
      コメントありがとう。
      乗鞍には、2月2回温泉に入るべく行ってきました。
      冬の露天風呂は実にいい!
      乗鞍の眺めは最高でした。

      コロナでメタメタ、これも仕方ないと諦めてますが、
      いつまで持つか・・・
      庭いじりを楽しむようになったということは、
      やはり年をとったということでしょう。

      先日、苔を入れてやりました。
      しっかり根付いてくれたらいいが・・・

      では、また遊びに来てください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。