日本語 English
【 構想から3年の歳月を経て・・・】
私は金沢の美大を卒業し、まもなく金属に漆を塗る技術を当時の諏訪精工舎(現在セイコーエプソン)の依頼で、研究開発する幸運に恵まれました。その後、1998年の長野オリンピックでは漆蒔絵による入賞メダルを提案させて頂き、幸いなことに勝者の栄光を称えるメダルとして世界中に飛び立っていきました。しかし、私の次なる仕事は世界に向けて日本の歴史ある漆工芸を、現代において何を残せるかでありました。この度、構想から3年の歳月を経て長年時計と関わりあってきましたその集大成として、古来より人類に時を告げてきました森羅万象“太陽と月”をテーマにした、私が夢に描いた蒔絵機械式腕時計が完成しました。何分にも複雑な構造ゆえの物・・・若い頃からの友人であり、日本では稀な時計作家である平林隆氏をはじめ、大手時計メーカーの皆様方、また多くの支援機関の方々のご協力ご支援を頂き完成に至りましたこと、まことにありがたく感謝している次第であります。
2009年12月 伊藤 猛
2009年長野県地域活性化基金事業
協力:
(有)アシュラ 平林 隆氏
セイコーエプソン株式会社
オリエント時計株式会社
(有)アイテック
支援団体:
(財)長野県中小企業振興センター
長野県工業技術総合センター
(財)塩尻・木曽地域地場産業振興センター
【 機械式時計への憧れと想い 】
手巻き機械式時計は時計の原点であります。私の母が持っている時計は、長姉が誕生した時、亡き父より贈られた腕時計で、すでに半世紀を過ぎた現在でも、カチカチカチと心地よい音と共に確実に時を刻んでくれています。かつて人間の知恵の結晶ともいえる手巻き時計は、まさに人間の心臓が鼓動しているかのように私には思われ、それが現代のデジタル社会におきまして、何ともいえぬ機能美と懐かしい憧れさえ与えてくれます。そんな機能美に蒔絵の優雅さをそなえた現代の工芸品としての腕時計は、日本文化を愛する心豊かな皆様の腕にきっとしっくりとなじみ、永代に渡って受け継がれていくことを願うものであります。
【 描いた蒔絵について 】
蒔絵は漆を接着剤として用い、筆などで図柄を描き、その上から金銀粉を蒔いては定着、塗りこみ、研ぎ炭による研ぎを繰り返しながら加飾していくもので、日本ならではの漆工技法です。平安時代より金銀粉は改良を重ねられ、極細かな粉類は安土桃山時代には先人達の手でほぼ完成されました。今回そんな蒔絵技法に金銀平目粉の洗い出し技法(金銀平目粉を研ぐことなく蒔き放った眩いばかりの現代の蒔絵―私が師と仰ぐ、現在国重要無形文化財保持者である大場松魚先生があみ出した技法)、また平文(板金)ならではの強さをパワーリザーブ部に使用し、平安時代から現代までの蒔絵技法を、文字盤という小さな空間に5種入れてみました。暖かい光で満ち溢れる太陽と、あくまで穏やかで静かな光を放つ月を表現することには苦労しました。蒔絵ならではの奥深い美しさと上品さが狙いです。なかでもローマ数字枠線の線描きは手描きでは無理な話で、わずか0.03ミリの線描きを時計独自の特殊印刷技術に漆を使用し平蒔絵として表現、視認性と共に蒔絵ならではの奥深さが表現できたのではないかと自分でも嬉しく思っています。 漆蒔絵文字盤の小宇宙を堪能して頂ければ幸いです。
昨秋、金沢の大場松魚先生(国重要無形文化財保持者)の自宅にお邪魔した折、“日月”と書かれた一枚の色紙を頂戴しました。その際「日月は森羅万象を表す。わしの好きな言葉じゃ・・・」と、私の耳元で静かに囁かれました。この世のいっさいの存在は太陽と月のなせる神秘的な自然現象ゆえのもの・・・とでも言いたかったのでしょうか?実に興味深いことでした。すでにその時腕時計“太陽と月”の企画は道半ばでありましたから・・・そんな敬愛する恩師のお言葉を戴き、あくまで丸い太陽と刻々と変化する月の形、そのふたつを重ね合わせ、私達の住む地球がいつまでも永遠たることを願ってNICHIGETSUロゴとさせて頂きました。
【 詳 細 説 明 】
* ケース及びムーブメント全て日本製の完全オリジナル
 (竜頭からネジ1本1本まで、平林隆氏による手作り)
* 時計外径寸法 
* 厚さ     
* ケース素材  
* キャリバー  
* 裏蓋     
* バンド    
* ガラス素材  
* パワーリザーブ付き  最大巻上げ時から50時間駆動



37ミリ 
10.4ミリ
太陽 18金ピンクゴールド 月 18金ホワイトゴールド
オリエント製 Cal.48A 手巻き巻上げ 21石
シースルーバック
クロコダイル
ボンベサファイアガラス 無反射コーティング
【腕時計の意匠について】
 
【時計図面】
【 時計設計図面 】
時計設計図面は、諏訪市の時計工房(有)アシュラ平林隆氏(元セイコーエプソン 宝飾工房)による手描き図面で、手巻きムーブメントの図面及び現物を実測し、さらには漆塗膜層の厚みを検証しながら、何度も手直しを重ね完成させてくれました。ちなみに漆塗膜層は平均値をとって0.07ミリに最終的に決定を下したようであります。
   
【試作を終えて・・・感想 平林隆】
 
【時計外装と構造】
【 時計構造図 】
描かれた図面を見ながら自分の時計構造確認のために描いた構造図面で、裏は精緻な最高級オリエントムーブメントの駆動している様子が見えるように、シースルーバックとしました。
【文字盤】
古代より人類に時を告げてきました、森羅万象“太陽と月”をテーマに、溢れんばかりの暖かさとエネルギーに満ちた太陽。あくまで静かで穏やかな光を放つ月を、繊細な漆蒔絵の技を駆使し、数十枚にわたる試作を繰り返し表現してみました。
ちなみに、その工程は25工程におよびます。

塗り工程における苦労は、構造上極々薄い漆塗膜層(狙い値0.08ミリ以内)に仕上げなくてはいけなかったことであります。    
【 文字盤について 】
文字盤は二重構造になっており、セイコーエプソン(株)ウォッチ事業部の製造技術の方々にお世話になりながら、構造検討から設計製作、現場蒔絵の仕事に至るまで、多大なるご協力を頂きました。
   
   
【桐化粧箱入り『太陽』】
【】
【ステップサンプル】
【】