蝶の眠り

年始めから漆瓶栓DM資料である、写真撮影から編集まで終わったのが15日、すべての印刷物が上がってきたのが30日。
一月中には、どんなことをしても私の店のお客さん宛に出したかったので、30日31日は、戦場のような忙しさでした。印刷の上りが遅く最後にはクレームもつける始末。

しかし、全て無事終えると今夜は久々に自由な時間
映画を観ました。

映画は、中山美穂主演の映画で
プロデューサーは、山上徹二郎。

山上さんとは、30年近くの知り合いだが
今まで、マイナーな映画ばかりを作ってきた。
もっと面白い映画を作ろうよ!
と、言ったこともありましたが
さすがブレません。

今回の映画は、アルツハイマーに侵された小説家を主人公にした、ちょっぴり辛口な恋愛映画であり、最後は涙が出ました。

アルツハイマーに侵されても
『愛した人のことだけは決して忘れない。』

認知がかかってきたか…?と
最近、ことに忘れっぽくなった私にとって
結構身にしみる映画でありました。

ありがとうございました。

#ちなみに 蝶の眠りとは、韓国において
赤ちゃんが、万歳して眠っている様子だそうな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。